ozie HOME  >  シャツを着こなす基礎知識  >  ネクタイの結び方

シャツを着こなす基礎知識 ネクタイの結び方

ネクタイの結び方

ビジネスやフォーマルシーンに欠かせないネクタイ。
スーツスタイルの顔ともいえる大切なアイテムです。
でもネクタイの締め方がルーズだと、せっかくのシャツやスーツも台無しに。
ネクタイの基本の結び方と、ネクタイをおしゃれにカッコよく締める5つのポイントをご紹介。

ネクタイの基本の結び方
プレーンノット

結び目が小さく、すっきりとしたラインになる。
最近はネクタイもスーツも細身のため、プレーンノットが主流。ナロータイを結ぶときもプレーンノットでOK。

プレーンノット

-クイックバージョン- 結び方を正面とサイドから確認できます

-スローバージョン- 説明を聞きながら一緒に結べます

ダブルノット

たてに長い結び目が特徴。
プレーンノットだと結び目が小さくなりすぎてしまうネクタイに少しボリュームを付けたいときに最適な結び方。 薄手のネクタイ、細いネクタイにおすすめ。また、長いネクタイ(インポートネクタイなど)の場合、剣先の位置を調整する際に適した結び方です。
生地が厚手のネクタイ、幅が太めのネクタイ、短いネクタイには適さない結び方。

ダブルノット

-クイックバージョン- 結び方を正面とサイドから確認できます

-スローバージョン- 説明を聞きながら一緒に結べます

セミウィンザーノット

ウィンザーノットよりもボリュームを抑えられる結び方。
プレーンノットよりも結び目が大きくなるため、ワイドカラーに用いるのがおすすめ。

セミウィンザーノット

-クイックバージョン- 結び方を正面とサイドから確認できます

-スローバージョン- 説明を聞きながら一緒に結べます

ウィンザーノット

しっかり固く結ぶため、型崩れしないのが特徴。
結び目が大きく、三角形になる。

ウィンザーノット

-クイックバージョン- 結び方を正面とサイドから確認できます

-スローバージョン- 説明を聞きながら一緒に結べます

ネクタイにかかせない”ディンプル”とは?

ディンプルとは、ネクタイを結ぶときにつくるくぼみのことです。
ネクタイがひきしまってスタイリッシュに見えるので、ディンプルは必ずつくりましょう。
ディンプルを2つつくる方法もありますが、最近はひとつが主流です。
ナロータイプなど幅の細いネクタイは、ディンプルがなくてもOK。
尚、通夜・葬式などの葬儀・法要にはディンプルをつくるのはNGです。

ディンプルありディンプルなしディンプルの上手なつくり方

ネクタイを締め上げる前に、ディンプルをつくりましょう。結び目を胸元でをゆるくまとめたときにつくるのがコツです。

  • ディンプルの上手なつくり方1

    ネクタイを巻き、胸元に結び目を持ってきます。

  • ディンプルの上手なつくり方2

    胸元の位置で結び目を整えて、くぼみをつくります。

  • ディンプルの上手なつくり方3

    くぼみができたら、そのまま一気に締め上げます。

  • ディンプルの上手なつくり方4

    最後に首元で微調整をして出来あがりです!

この5つのポイントを押さえれば、ネクタイはカッコよく決まります。

ネクタイの人気アイテム

メールマガジンのご登録は、こちらをクリック
ozieの人気商品
最近チェックした商品