ozie HOME  >  シャツを着こなす基礎知識  >  フォーマルスタイルを知る  >  昼の準礼装ディレクターズスーツ

シャツを着こなす基礎知識

基本編:シャツの基礎知識を知る 08

[ フォーマルスタイルを知る ]

結婚式・披露宴
「格式を重んじる」コーディネート

昼の準礼装 ディレクターズスーツ

式典・パーティなど。

  • 新郎
  • 新郎新婦の親
  • 媒酌人
  • 主賓
  • 上司

※親として出席する場合でも、最近では両家で相談のうえ、準礼装で済ませるケースが増えています。

ディレクターズスーツ

シングル2つボタンジャケット(ピークドラペル・ノッチドラペルいずれも可)にグレーのベスト(襟付き・襟なしいずれも可)、パンツはグレーに黒の縞模様が入ったコールパンツ。

ネクタイ

地の色がシルバーやライトグレーに黒やグレーなどの縞が入ったレジメンタルタイ。

シャツ

色柄:白無地 素材は基本ブロード。
衿型:基本レギュラーカラーかワイドカラー。ウィングカラーシャツは前身頃にひだのないプレーンなタイプであれば可。
カフス:指定はありませんが、基本ダブルカフス

ポケットチーフ

リネン100%の白無地ポケットチーフをスリーピークスで挿す。

カフリンクス(カフスボタン)

シルバーやゴールド台に白蝶貝や真珠等の白系の石使いのものを。どちらかといえばシルバー台のほうがおすすめ。

シューズ

ブローグ(穴飾り)のない黒のストレートチップ。エナメルではなく表革の普通のストレートチップ。もしくはプレーントゥでも可。

ディレクターズスーツに合わせるアイテム

レギュラーカラー
レギュラーカラー

シルバータイ
シルバータイ

店長のワンポイントアドバイス

ディレクターズスーツは、仕事上である程度の立場になればなるほど、持っていると使い勝手の良い一着です。披露宴等のセレモニーシーンのみならず、ベストとネクタイを変えれば弔事にも使用できます。ブラックスーツ以上に格上に見えます。

黒のシングル2つボタンスーツのジャケットがあれば、グレー系のベストにコールパンツを買い足すだけでもOKです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディレクターズスーツにおすすめのアイテム

メールマガジンのご登録は、こちらをクリック