ozie HOME  >  シャツを着こなす基礎知識  >  フォーマルスタイルを知る  >  昼/夜の略礼装正統派のコーディネート

シャツを着こなす基礎知識

基本編:シャツの基礎知識を知る 08

[ フォーマルスタイルを知る ]

結婚式・披露宴
スーツでのコーディネート

昼/夜の略礼装 正統派のコーディネート

通常のスーツで結婚式・披露宴に出席する場合の、ルールにのっとったコーディネート。

  • 親族
  • 上司
  • 知人
  • 友人

スーツ

ネイビー無地やグレー無地のダークスーツが基本。(目立たないストライプであれば、入っていても問題ありません。)
周りの目を気にしたくない場合はブラックスーツも!

パンツの裾はシングルが理想。

ネクタイ

シルバー・グレー系のレジメンタルタイが基本。無地・無地調の小紋柄・ドット柄もOK。ネイビースーツにはネイビー系の無地や無地調の小紋・ドット柄もおすすめです。

シャツ

色柄:白無地、サックス無地
衿型:レギュラーカラー、ワイドカラー
カフス:基本はダブルカフス。シングルカフスも可。

ポケットチーフ

リネンやシルクの白無地ポケットチーフ。

カフリンクス(カフスボタン)

ルールなし

シューズ

ブローグ(穴飾り)のない黒の内羽根式ストレートチップ。

正統派のコーディネートに合わせるアイテム

白シャツ
白シャツ

シルバータイ
シルバータイ

白シャツ
白シャツ

シルバータイ
シルバータイ

サックスシャツ
サックスシャツ

ネイビータイ
ネイビータイ

店長のワンポイントアドバイス

お祝いの席に黒無地のスーツを着用するのは、日本独自の習慣です。
ネイビーやグレーといった、黒以外のスーツを着用するのが正式でスマートです。

ただ目上の方中心に黒のスーツを着用されて参列されている方が圧倒的に多いのが現状。
その中で周りの方々にあわせて黒のスーツを着用するほうが安心、というのは理解できます。
なのでブラックスーツもOKですが、できればネイビー→グレーのダークスーツで、というニュアンスで考えていただければと思います。

シャツに関しては白が基本ですが、色を加えたい場合はシャツをサックス無地にする程度にとどめましょう。

ネクタイは基本はシルバーやグレーベースのレジメンタルですが、小紋やドット柄でもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

正統派のコーディネートにおすすめのアイテム

メールマガジンのご登録は、こちらをクリック