2013.05.06
下着を着ずに、素肌に直接来てほしいワイシャツ〜ozieのビズポロ〜特徴その二

店長の柳田です。

先日4月24日にワイシャツの下に下着を着るか?着ないか?という投稿をしました。
http://www.ozie.co.jp/blog/2013/04/24/1255/

 

何度も言いますが下着を着るか着ないかは個人の自由でいいのでは!というのが私の見解です。
▼ozie│シャツ選びのFAQ ワイシャツは素肌に着るものでしょうか?それとも下着を着用して着るものでしょうか?
http://www.ozie.co.jp/base/faq/13.html

 

どちらを選択するかは人それぞれですが、できれば少しでもスタイリッシュに格好よくワイシャツを着こなしたいですよね!
であるならば、出来ればワイシャツの下に下着を着ないでも済むようにするほうがスタイリッシュだと思いませんか?

 

ワイシャツの下に下着を着用する理由としていくつか挙げられますが、

●汗をかいたときに肌にはりついて着心地が悪くなったり、清潔感がなくなって周りの方々に不快な思いをさせてしまうから

今回は上記の理由について、どうすれば快適に、周りの方々にも不快な思いをさせずに素肌にワイシャツを着用することができるのかについて、ozieからご提案したいと思います。
シャツ生地は薄手で毛足が短いため、汗を沢山かくと吸収しきれず、汗が生地と肌の間で浮いたような状態になり、肌に貼り付いてしまいます。
そこで毛足が長く、汗を吸い込みやすいニット生地を使用したTシャツ等の下着をワイシャツの下に着用することが多いですよね!

 

であるならば、汗を吸収しやすいニット生地を使用してワイシャツを作ったらどうか。。。。
というコンセプトのもと、企画生産されたのが累計販売枚数16000枚以上、ozieの大ヒット商品=ビズポロ。
これが素肌に快適にワイシャツを着用するためのozieの提案です。

 

ozieのビズポロ、特徴その二がズバリ”高機能の吸汗速乾素材=クールマックス使用”です。

 

ニット生地というだけで、シャツ生地より汗を吸収しやすくなりますが、着心地が悪くなる理由として大きいのは実は”なかなか乾かない”
汗をかいて吸収しても、いつまでも湿ったままのTシャツを着てたら気分良くないですよね。
半乾きのまま暑い室外からクーラーのきいた室内に入ろうもんなら、ひんやり気持ちいいを通りこして逆に寒さに凍えることに。。。。

 

そこでozieのビズポロには吸水速乾機能に優れた高機能ドライ加工素材=クールマックスを使用しています。
クールマックスは快適な着心地を保持するために開発され、スポーツウェアや登山用ウェアに使われることの多い素材だけに、その吸汗速乾性や体温調整機能・ドライ機能はお墨付き。
クールマックスの乾燥速度は綿のなんと5倍強!

ozieではそのクールマックスをシャツに使えるニット生地に採用。
インナーシャツを着用せず素肌に直接着ても、汗を吸ってすぐ乾くので、いつもドライな着心地が保たれ、快適に過ごすことができます。

 

ワイシャツだけでなく、綿100%のTシャツよりも汗を吸って乾きやすいozieのビズポロ。
特徴その一の”素肌に着用しても透けずらい”と合わせて、素肌に着用するのにこれほど適したワイシャツは他にはないといっても過言ではありません。

▼4月26日投稿のブログ:素肌に直接来てほしいワイシャツ〜ozieのビズポロ〜特徴その一
http://www.ozie.co.jp/blog/2013/04/26/1304/

 

と言葉で言うのは簡単だけど、本当に綿100%より吸汗速乾性に優れてるの?
と疑問に感じられる方も多いと思います。

そこでクールマックスの吸汗速乾性能を証明する動画を撮ってみました。
論より証拠、下記の動画をご覧くださいませ。

 

▼累計販売枚数16000枚以上。ozieのビズポロ
http://www.ozie.co.jp/fs/shirts/c/knit-shirts

 

▼クールマックス使用ワイシャツはシャツ生地でも沢山ご用意しております
http://www.ozie.co.jp/fs/shirts/c/coolmax

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事に関連する記事はこちら!こちらの記事もおすすめ

ozieの人気アイテム!今の旬なアイテムはこちら

- 人気のアイテム -