2016.09.21
シャツの着こなし・コーディネート│ozie【七分袖の白シャツ+デニムの上品カジュアルコーディネート】

dsc_1728-580

※今回着用した商品詳細は巻末に掲載しております。

白無地シャツ。

衿型違いでたくさんそろえてビジネスシーンで使い分けるもよし。
様々な素材の白無地シャツをそろえて、カジュアルシーンで使い分けるもよし。
何枚持っていても使えるのが白無地シャツです。

今回はその白無地シャツとデニムを組み合わせた、大人の上品カジュアルスタイルをご紹介いたします。
こんな感じです。
dsc_1723-500


 

1. トップス=白無地のリネン100%七分袖ホリゾンタルカラーシャツとリネン100%のインディゴ染ベスト

春夏の代表格的素材がリネン。
今回はリネン100%を使用したシャツとベストをコーディネートの中心に持ってきました。
シャツはホリゾンタルカラーの白無地七分袖シャツ。
ベストはリネン100%のインディゴ染めのベストです。

リネンのシャツといえばボタンダウンが多いですが、そこを衿開きのきれいなホリゾンタルカラーにしているところが胆です。

また袖は長袖か半袖が多いですが、七分袖で生産しているのもポイントです。
腕まくりをせずとも、涼しげかつスタイリッシュに見えるのが七分袖のいいところ。
カフスのボタンをとめればきちんと感が増し、ボタンをはずすとラフな感じになります。
今回はカジュアルなコーディネートなので、すべてボタンをはずしております。

麻のシャツは着丈も重要です。
ozieで生産のリネンシャツは裾を出したり入れたりと両用で着用できるよう、絶妙な長さの着丈で生産しております。
普通のワイシャツの着丈で生産すると、裾を出した時に長すぎますからね。

シャツに使用したリネン100%はハードマンズ社のフレンチリネン。
ハードマンズ社は高級リネンの代名詞=アイリッシュリネンで有名な紡績メーカーです。
が、現状はアイルランドで生産されるリネン=アイリッシュリネンはほとんどありません。
現状ハードマンズ社はアイリッシュリネン生産で培った技術を利用して、フランス北部のノルマンディー地方で栽培した上質リネンを紡いだフレンチリネンをメインに生産しています。
今回着用の七分袖シャツにはこのハードマン社の、シャツで使用するリネンの中では高番手の部類に入る60番手のフレンチリネンを使用しています。

リネンシャツをカジュアルで着用する際は、洗いざらしのしわができた状態で着用するのが粋です。
ラフな感じと素材の上質さがミックスされて、大人っぽい印象を与えます。

ただししわのできたリネン100%シャツにデニムという組み合わせのままだと、あまりにもカジュアルになりすぎてしまう感があります。
そこで今回はシャツと同素材のリネン100%のベストをあわせてみました。
数年前にエディフィスで一目ぼれして購入した、味のあるインディゴ染のベストです。
シャツに限らずTシャツでも、ベストを合わせるだけでぐっと大人っぽく上品に見えるのが不思議です。
dsc_1744-500

2. ストール&ハット=リネンコットンのブルー系ストールと水色の中折れハット

白無地シャツにベストを加えただけでも十分ですが、アクセサリーを合わせてさらに上品かつ清潔感あふれるコーディネートにするべく、ストールとハットをあわせました。
ハットは水色の碇マークがプリントされた紺のリボンを巻いた、水色の中折れ帽子。
ストールはブルーベースのストライプ柄です。
全体の色調を考えて、ブルー系のアイテムで統一しました。

ハットに使用している素材は天然のペーパー繊維。
以前は麦わらを使用してましたが、現在は入手が困難。
そのため代替えで使われているのが指定外繊維のペーパー繊維です。
ハリがあって型崩れしにくい、見た目や風合いは麦わら帽子と比べても遜色のないしっかりとした帽子に仕上がってます。
中折れハットは暑い夏場の日よけとしては当然のこと、かぶるだけでおしゃれ度(ダンディー度)がグッとアップする、実用的にも装飾的にも優れたアイテムです。

ストールはインド製のリネンコットンを使用しています。
麻のシャリ感と綿のソフト感がミックスされた、肌離れ・通気性の良いストールです。
大判ストールは幅が大きく、長さが長くなりがちですが、ozieのストールは大きからず長からずの適度なサイズに仕上がっています。
また、巻き方によって見え方が極端に変わるのが大判ストール。
見せ方によって巻き方をいろいろ変えてみてください。
といっても巻き方がよくわからない、という方は下記のページをご覧ください。
ちなみに今回私はピッティ巻きで巻いています。
▼シャツを着こなす基礎知識~ストール&マフラーの巻き方~
http://www.ozie.co.jp/base/stole.html

dsc_1747-500

3. ボトムス=Levi’sの511とBirki’s(ビルキー)のKAY

ジーンズはリーバイスのスキニージーンズ511。
スキニーといってもLevi’sの511はピタピタではなく、程よい股上の深さやフィット感がシルエット・履き心地ともに絶妙という、大人のためのスキニージーンズです。
Levi’sの511には3種類ほどあって、着用しているのはスリムフィットというタイプです。
これくらいの細さがすっきり見えていいですし、着用時の抵抗も少ないのではと思います。

シューズは全体の雰囲気から、ころっとしたサボを選択。
ビルケンシュトックのブランドの一つ=ビルキーのKAYというモデルを合わせました。
形はバックストラップがついた、ビルケンシュトックのボストンといった感じです。
サボといえばクロックスがメジャーですが、ネイビーのヌバックが上品な、クロックスとは一線を画すサンダルです。
dsc_1753-500

4. まとめ

いかがでしょうか?
白無地シャツ・デニムといった飾り気のないシンプルなアイテムに、ベスト・ハット・ストールといったアイテムで彩りを加えた、
組み合わせた大人の男の上品カジュアルスタイルです。
リラックスした休日のコーディネート例として参考にしてください。
dsc_1736-500

5. 着用商品のご紹介

着用者
柳田 敏正(店長)
身長177cm
体重70kg

▼着用しているシャツ(S-3881サイズを着用)
リネン100%・白無地・七分袖・ホリゾンタルカラーシャツ
着用シャツは完売いたしました。来年再販予定です。
類似商品はこちら。


リネン100%・七分袖・ホリゾンタルカラーシャツ
http://www.ozie.co.jp/fs/shirts/ms_8077a-v04b

▼中折れハット
中折れ帽子・日本製・ブルー
着用シャツは完売いたしました。類似商品はこちら。

ハット一覧ページ
http://www.ozie.co.jp/fs/shirts/c/hat

▼ストール
リネンコットン・ストライプ・ネイビーブルー・インド製
商品番号 MS-C-KEM1971-29-NAVYBLUE
http://www.ozie.co.jp/fs/shirts/ms-c-kem1971-29

※その他のアイテムは私物です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事に関連する記事はこちら!こちらの記事もおすすめ

ozieの人気アイテム!今の旬なアイテムはこちら

- 人気のアイテム -