ozie HOME  >  シャツを着こなす基礎知識  >  ネクタイの結び方

シャツを着こなす基礎知識 ネクタイの結び方
ネクタイの基本の結び方
ブレーンノット

結び目が小さく、すっきりとしたラインになる。最近はネクタイもスーツも細身のため、プレーンノットが主流。ナロータイを結ぶときもプレーンノットでOK。

ブレーンノット
ウィンザーノット

しっかり固く結ぶため、型崩れしないのが特徴。結び目が大きく、三角形になる。

ウィンザーノット
セミウィンザーノット

ウィンザーノットよりもボリュームを抑えられる結び方。プレーンノットよりも結び目が大きくなるため、ワイドカラーに用いるのがおすすめ。

セミウィンザーノット
ダブルノット

たてに長い結び目が特徴。 ふつうのネクタイをダブルノットにすると、結び目が大きくなりすぎるので避けたほうが無難。 細いネクタイに似合う。また、長さのあるインポートネクタイの先(剣先)の位置を調整するために、ダブルノットを用いる場合もある。

ダブルノット
ネクタイにかかせない”ディンプル”とは?

ディンプルとは、ネクタイを結ぶときにつくるくぼみのことです。
ネクタイがひきしまってスタイリッシュに見えるので、ディンプルは必ずつくりましょう。 ディンプルを2つつくる方法もありますが、最近はひとつが主流です。ナロータイプなど幅の細いネクタイは、ディンプルがなくてもOK。

ディンプルありディンプルなしディンプルの上手なつくり方

ネクタイを締め上げる前に、ディンプルをつくりましょう。結び目を胸元でをゆるくまとめたときにつくるのがコツです。

  • ディンプルの上手なつくり方1ネクタイを巻き、胸元に結び目を持ってきます。
  • ディンプルの上手なつくり方2胸元の位置で、結び目を整えてくぼみをつくります
  • ディンプルの上手なつくり方3くぼみができたら、そのまま一気に締め上げます。
  • ディンプルの上手なつくり方4最後に首元で微調整をして、出来あがり!

この5つのポイントを押さえれば、ネクタイはカッコよく決まります。

ネクタイのラインナップも充実

ozieでは、人気のナロータイやジャガードタイをリーズナブルな価格で、品数豊富に取り揃えています。
シャツと合わせてお選びください。

ネクタイの人気アイテム

メールマガジンのご登録は、こちらをクリック
人気ランキング
最近チェックした商品